顔汗 止める 方法

顔汗を止めるには

健康な汗は運動で体内のエネルギーが燃焼して体温が上がるのを調節するためです。
また暑い外気だとそれに対応して体温を調節するための汗もあります。
しかし、そうではなく普通にしていても顔に汗をかく人がいます。
その原因はともかくとして、ここでは顔汗を止める方法のいくつかを見ることにします。

 

その1:日頃から運動をして汗をかく

運動不足だと身体中の汗腺が不活発になるので、
汗がでやすい顔の汗腺に汗が集中してしまいます。
日頃から運動をして汗をかいていると身体中の汗腺が働くので、汗が顔に集中しません。

 

その2:首筋の頸動脈を冷やす

冷たい水で顔を洗ってもすぐに汗がでてきますが、
首筋の頸動脈を冷やすと血流が冷えて汗腺から出る汗が止まります。
たとえば保冷材などを首の後ろにあててみましょう。

 

その3:気分を常にリラックスさせる

恥ずかしいとか緊張したり興奮すると、とかく顔から汗がでるものです。
このような汗は精神性ですから、気分をリラックスさせれば、顔の汗は止まるでしょう。

 

その4:制汗剤で意識的に汗を止める

実は制汗剤はあまり好ましくありませんが、その理由は肌がおこなう
皮膚呼吸も止めるからです。
必要に応じての使用は致し方ありませんが、長い時間ではなく、
家に戻ったらすぐにきれいに洗い流しましょう。

 

その5:女性の顔汗はホルモンが影響することもある

女性には更年期があり、この時期にはホルモンバランスがとかく崩れがちになります。
ホルモンバランスが崩れる発汗を調節する自立神経も狂ってしまいます。
そうなると調節ができないので顔がほてって顔汗がでることがありますから、
このような自覚症状の時は婦人科で診察を受けましょう。